契約時の注意点

賃貸物件を探す

注意点


気に入った物件をとりあえず「申込み」しておさえたい!
仮押さえ

まだ、いい物件があるかもしれないし、とりあえず・・・

気に入った物件も2、3件おさえて、あとからじっくり選びたいと思うのは、当然のことです。ただし、不動産というものは、「申込」があった時点で募集をいったん止めるのです。

キャンセルされるとその間大家さんは、他の借り手をさがすことができなく、家賃収入が入ってくるのが遅れてしまい損害をこうむることになるのです。

申込みは契約ではないのでキャンセルは出来ますが、迷惑をかけているということを忘れないようにしましょう。

ということで預り金として1ヶ月分位があらかじめ必要になることが多くあります。

このお金は契約してしまえば契約金の一部に割り当てられるのでムダに多く支払うわけではありません。キャンセルした時には返してもらえるものですが念のため預り証をもらうようにしましょう。

不動産会社からの説明はよく聞き契約書にも目を通す事
契約書

基本的に契約日から家賃が発生してしまいますので、引越しのスケジュールや前の部屋から出る日などを考慮して無駄なく移りたいものです。

契約を交わす前には気になることはすべて確認をするようにしましょう。

一般的な賃貸契約を超えるものについては不動産屋さんに説明義務があるのですが、説明しないことがあるかもしれないので契約書はよく目を通すようにしてください。

基本的に常識的に考えておかしなことは出来ないようになっていますので、納得のいかない箇所があれば消費者センターなどに電話で相談してみましょう。

また、契約書にないものに関して相談した場合は口約束で済ませずに書類にしてもらう方が良いでしょう。
あまり細かいところまで疑ってかかると嫌がられるかもしれませんが、気になるのであれば遠慮せずに話しておきましょう。退去時の敷金の清算についても確認を取っておきましょう。

契約に必要なもの
印鑑、身分証明書、住民票、所得証明、保証人の印鑑証明、保証人の収入証明。
不動産屋さんに確認して事前にそろえておきましょう。

メニュー

  • 賃貸物件の選び方
  • 賃貸物件のスケジュール
  • 賃貸物件にかかるお金
  • 不動産会社を選ぼう
  • 賃貸物件の伝え方
  • 間取りを理解しよう
  • 敷金・礼金とは?
  • 何件ぐらい部屋をみるのか?
  • 内見ノウハウ
  • 内見後のチェックポイント
  • 周りの環境をみてみよう
  • 携帯電話の電波を確認しよう
  • エアコンは?
  • 洗濯機に注意
  • 防音は大丈夫?
  • 駐車場を探そう
  • 入居審査ってなんだ?
  • 契約までの流れ
  • 契約時の注意点