騒音で困っている

賃貸でのトラブル回避法

困っている


騒音について
拡声器

『生活音』には、「話し声」「喧嘩の声」「ドアの開け閉め」「歩く音」「テレビの音」「ステレオの音」などがあげられます。

これらは「常識的な範囲」であれば『生活音』ですが、程度や頻度によって『生活音以上』となり、この「常識的な範囲」はまさに人それぞれで厄介なものです。

共同住宅に住む場合、近隣に迷惑をかけずに生活していくことをお互いに心がけることが大原則ですが、それでも騒音の被害を受けてしまったら、どのように対処すればよいのでしょうか?

主な対応例をあげておきますので参考にしてください。

1.当事者と思われる人にうまく話してみる。

隣の人とある程度面識なり、近所付き合いがあるのなら、「お願い」という形で直接相談した方がよいでしょう。
手紙などを使い柔らかい文章で相手の理解を求めるのも一つの方法です。

2.大家さん・不動産会社に間に入ってもらえるようにお願いしてみる。

大家さんなどに名前を伏せてもらう形で注意してもらうのが良いと思われます。しかし、大家さん・不動産会社が音を出している訳では有りませんので、当事者が聞く耳を持ち・理解し・協調性を持つ事が出来ないと解決しません。

※これといった完璧な解決方法というものが無いため、粘り強く取り組む気持ちが必要です。
※ 暴力・脅し文句などを受けた場合は、すぐ警察に相談するようにしてください。

3.「気にしすぎ」に可能性を考える。

共同住宅は無音の世界ではありません。多少のドアの開け閉めや足音は避けられないものです。
泣き寝入りするというのではなく、期間を決めて、気持ちを切り替える努力をしてみることもお薦めします。

4.引っ越す

もともと音漏れしやすい建物の場合は退室することが最善の策の場合もあります。

メニュー

  • 家賃更新料とは?
  • 部屋が壊れてしまった
  • 原状回復とはなんだ?
  • 騒音で困っている