入居審査ってなんだ?

賃貸物件を探す

入居審査ってなんだ?


入居審査とは
審査

入居審査とは、その名の通り「入居をしてもいいかどうかを大家さんや不動産会社が審査する」もの。

これは、気に入った部屋が見つかり、申し込みをした後に行われます。この審査をパスすれば、晴れて契約となり、その部屋に住めるようになります。

逆を言えば、入居審査にパスしなければ、部屋を借りることができないのです。

どんなことを審査されるのか
個人情報

クレジットカードをつくった経験はありますか?

身近で経験する審査と言えばクレジットカードを連想する方も多いと思います。
必要事項を記入したあと、自宅や勤務先にまで電話がかかり、詳しく自分の年齢や勤務先、勤務年数、住所、年収など、かなり細かく調べられます。

賃貸の場合も、クレジットカードと同様に毎月お金(家賃)を払わなければいけませんから、それなりに審査が厳しくなるのは当然といえば、当然のことですね。

氏名、住所、年齢、電話番号、勤務先などに間違いがないかどうかなどという基本的な個人情報はもちろんですが、入居審査で大切なのは「収入のこと」と「保証人のこと」なのです。

「収入」の審査基準は?
札束

大家さんにとって部屋を貸した人がきちんと家賃を払ってくれるかどうかは大問題。

そこで気になるのが入居者の支払い能力のことです。
それを知るために勤務先、職業、年収などが審査されます。

勤務先や職業に貴賎はありませんが、賃貸においてやはり不利なのは安定した収入が得られない(という見込みの)フリーターや派遣社員、フリーで仕事をしている人など敬遠されます。

年収は高いに越したことはありませんが、継続的にその収入があるかどうかを、大家さんは気にします。

また、申し込み書類に記入した勤務先や自宅の電話番号に間違いがないかどうか、実際に不動産会社が電話して確認することはよくあります。
もし、ここで記入内容に「ウソ」があれば、まず間違いなく入居審査で落とされますので要注意をしてください。

収入が低かったり、フリーターなど堅い職業に就いていない人は、自分がきちんと家賃を滞りなく支払っていけることをしっかりアピールする必要があるでしょう。
しっかりとした連帯保証人を立てることも、入居審査を通りやすくする方法です。

メニュー

  • 賃貸物件の選び方
  • 賃貸物件のスケジュール
  • 賃貸物件にかかるお金
  • 不動産会社を選ぼう
  • 賃貸物件の伝え方
  • 間取りを理解しよう
  • 敷金・礼金とは?
  • 何件ぐらい部屋をみるのか?
  • 内見ノウハウ
  • 内見後のチェックポイント
  • 周りの環境をみてみよう
  • 携帯電話の電波を確認しよう
  • エアコンは?
  • 洗濯機に注意
  • 防音は大丈夫?
  • 駐車場を探そう
  • 入居審査ってなんだ?
  • 契約までの流れ
  • 契約時の注意点