ペット可の物件について

知っているとお得な情報

ペット可の物件について


ペット可能物件をタイプ別に分類
犬

ペット同居可能物件には次のようなタイプがあります。

(1) 建築時からペット同居を目的に作られた物件。
(ペット共生型などと呼ばれています。まだまだ少ないです。)

(2)入居者の希望で途中から同居可能になった物件。
オーナーさん・不動産業者・住人が協議の上、建物の新旧問わず認められた場合です。このパターンは非常に少ないです。

(3)入居者が付かなくなったので仕方なく同居可能になった物件。
オーナーさん・不動産業者さんが協議の上、入居者を集めるためにペット可になるパターンです。これが意外に多いかもしれません。

(4)黙認されている物件。
ペット禁止にも関わらず入居者が勝手に飼い始めたパターン。厳密にはペット同居可とは言えませんし、表向きにはペット不可なので、見つけにくいです。

家賃が上がる可能性があります

実際、通常に比べて家賃や敷金があがることはあります。
それには2つの理由が挙げられます。

1.付加価値による高騰
ペット同居がその物件の価値を上げるか下げるかは難しいところですが、同居可能を物件の「付加価値」とするところから、家賃や敷金が上がることが考えられます。

2.退去後の補修費
退去後の補修費が一般よりかかるため家賃や敷金が上がることが考えられます。ペットを飼うあなたが退去した後に、ペットを飼わない誰かが住むとお考えください。やはり「におい消し」や「ひっかき傷補修」「消毒」などはすべきでしょう?!

ペット同居でのトラブル

ペット同居のトラブルとして大きく2つの理由が挙げられます。

近隣住民とのトラブル
怒鳴る

やはりこれが一番でしょう

特に途中から同居許可になった物件は、既に入居している人とのトラブルが起こりがちです。

その例としては、次のようなものがあります。

・私が入居するときはペット同居ではなかったのに、今はどうして飼ってるの?
・隣にペットを飼っている人がいて、泣き声がうるさい。
・子供がいるので、犬を怖がる。
などです。

途中からペット可能になった場合、既に住んでいる入居者に通知が徹底していないということがその根源にあることが多いと思います。
(こういったトラブルは十分な通知をしても起こりますが・・・難しいところです。)

ペット同居を目的に作られた物件は別として、一般的にペット同居が可能と言っても、全ての入居者がペット同居しているわけではありません。むしろ同居している入居者は少ないと言ってよいでしょう(一人暮らし向けの物件ならなおさらです)。

退去時の精算

退去時の精算というのは通常の場合にも言えます。

ただペット同居の場合は明らかに通常の場合よりも費用がかかりがちで、かつ自分でつけた傷なのかどうかも問題になりやすいので注意が必要です。

トラブルを避ける方法は、よく説明を聞くことです。ペット同居可の物件に入居する場合には、入居時によく説明を受けることが重要です

また必要に応じて入居時の部屋の写真を残しておくことで、自分でつけた傷なのかどうかを明確にしておくと役に立つかもしれません。

メニュー

  • 賃貸物件の値切り方
  • 安い賃貸物件の謎
  • 電話やネットをつなげよう
  • ペットが可能な賃貸もある
  • ネットの落とし穴
  • 知ってると便利な賃貸用語集