安い賃貸物件の謎

知っているとお得な情報

安い賃貸物件の謎


格安物件ってどんな物件?
古い家

物件をよく見ていると、間取り、築年数などの条件がほとんど同じなのに他と比べて明らかに安い部屋があります。それは「格安物件」と言われるものです。

一般的に、相場より2割ぐらい安い物件が格安物件と言われています。

「この部屋安くてラッキー!」と思っていると、よく調べると「訳有り物件だった」という場合が多いので、疑って見ることが大切です。

賃貸物件に【お買い得物件】なんてものは存在しません。安い部屋には【必ず理由があります】何にも無いのに安いはずがないですから。

安い賃貸物件の理由

格安物件の理由はさまざまです。

何で相場より安いのか確認しておきましょう。不動産屋には、きちんと物件の説明をしないといけない法的義務があります。

遠慮せず「何で安いんですか?」と聞いてみましょう。

格安のよくある理由
 ・以前その部屋で自殺した人がいた。
 ・隣や近所に”怖い人”が住んでいる、”怖い人”の事務所がある。
 ・近くにカラオケや雀荘がある。
 ・宗教法人が入っている。
 ・窓の下やすぐそばににお墓がある。
 ・線路の脇で電車が通るたびうるさい。
 ・建物が古すぎて誰も借りない。
 ・異臭がするので借り手がない。
 ・日当たりが著しく悪い。

大家さん側の理由としてあるもの
 ・とにかく早く人に貸したい。
 ・家賃収入が安くても他の収入で十分生活できる経済力がある。
 ・部屋を貸す期間が「転勤の間だけ」とか期限付きでの貸出。

上記の他にもいろんな理由が考えられますので、格安物件=悪い物件と安易を決め付けることはできません。

格安物件を見つけたときはとても嬉しいものですが、手放しに喜ばないように注意し、借りる前に安い理由をよく確認し納得の上借りるのがいいと思います。

あとで「安いと思って借りたけど劣悪な環境だった・・・」ということのないように。

メニュー

  • 賃貸物件の値切り方
  • 安い賃貸物件の謎
  • 電話やネットをつなげよう
  • ペットが可能な賃貸もある
  • ネットの落とし穴
  • 知ってると便利な賃貸用語集