お金はどのくらいかかるのか

賃貸物件を探す

お金はどのくらいかかるのか


賃貸でかかる初期費用
電卓

賃貸物件を借りるには、月々の家賃だけで判断してはいけません。

不動産、大家さん、物件により初期にかかる費用は様々です。まずは、どれ位の費用が必要になるのか金銭感覚を身に付けましょう。


初期費用
礼金0~2ヶ月大家さんへのお礼金。
敷金1~3ヶ月預け金。退去時に、滞納家賃、契約書に定められた補修費用を差し引かれて帰ってくる。
前家賃1ヶ月家賃支払い方法が「前家賃」となっている契約の場合は、翌月の家賃を契約時に支払う。
日割家賃最大1ヶ月契約月の月末までの家賃。前家賃とあわせると最大で約2ヶ月となる。
仲介手数料原則1ヶ月不動産会社に支払う「紹介料」だ。これだけが不動産会社の収入となる。
保険料1万5千円~2万円火災保険に加入することが入居の条件にされていることがほとんど。通常は2年に一度。
鍵交換費用1~2万円入居する時に鍵を新しい物に交換。最近は物騒なので原則応じておいたほうが良い
期中費用
更新料1ヶ月契約更新ごと(二年がほとんど)に一度、家賃の1ヶ月分支払う。地域によっては2ヶ月のところもある。
更新料手数料それぞれこれは不動産会社により様々なケースがある。更新料と同様に、契約更新時に不動産会社に支払う。多くの場合は数万円~家賃の半月分。
敷金・礼金0のところがある
0円

近年「敷金・礼金0」という賃貸物件をよく見かけるようになりました。なぜ今、敷金も礼金も必要ない物件があり得るのでしょうか?

敷金・礼金を払う必要がなければ、物件を借りる際の初期費用は少なくて済みます。借りる側にとっては非常にありがたいことですが、大家さんにとってのメリットとは一体何なのでしょうか。

一番の理由として、借り手のない物件ができるのを大家さんは嫌います。

そこで、安くしてでもなるべく早く借りて欲しいと思うのです。このため、敷金・礼金なしの物件が売りに出されるのです。

しかし、物件によっては、競売間際であったり何らかのトラブルが関わっていたりする可能性もあるため、借りる際には注意は必要でしょう。しっかり契約書を確認しておかないと、敷金・礼金以上の費用が発生することもあるかもしれません。

敷金・礼金0のメリットとデメリット

メリット
敷金・礼金0物件のメリットとして挙げられるのは、初期費用が大幅に抑えられるということです。賃貸物件の初期費用は、家賃1ヶ月分と仲介手数料の他、「敷金2ヶ月分・礼金2ヶ月分」というのが一般的です。
それに比べて家賃4ヶ月分もの差が出るということは、入居者の負担も大きく減るということ。安い初期費用で、より良い物件を借りることができるのは大きな魅力なのではないでしょうか。

デメリット
敷金・礼金0物件のデメリットは、物件の条件があまりよくなかったりすることです。 たとえば、駅から遠かったり、築年数が古かったり、契約期間が~年以上と決められていたり。 価格だけで決めてしまわず、自分の希望と照らし合わせてじっくり物件を選びましょう。

メニュー

  • 賃貸物件の選び方
  • 賃貸物件のスケジュール
  • 賃貸物件にかかるお金
  • 不動産会社を選ぼう
  • 賃貸物件の伝え方
  • 間取りを理解しよう
  • 敷金・礼金とは?
  • 何件ぐらい部屋をみるのか?
  • 内見ノウハウ
  • 内見後のチェックポイント
  • 周りの環境をみてみよう
  • 携帯電話の電波を確認しよう
  • エアコンは?
  • 洗濯機に注意
  • 防音は大丈夫?
  • 駐車場を探そう
  • 入居審査ってなんだ?
  • 契約までの流れ
  • 契約時の注意点