賃貸物件を探す

物件の選び方


家賃の限度額
1000円札

お部屋を決める3大条件は、家賃・場所・間取り

しかし全てを満たすお部屋はそう見つけられません。自分が最も優先するものを決めて、順番をつけていきましょう。

賃貸を選ぶ際、まず考えなくてはいけないことは「家賃の限度額」です。

いくら良い家に住みたいからと言って、自分の収入の半分以上も家賃に費やしてしまってはそもそも生活が成り立たなくなります。
賃貸物件の家賃(共益費や駐車場代を込める)は自分の1ヶ月の収入のおおよそ3割程度に収めるのが良いと言われています。

もちろん、娯楽費などが多いと思う人は2割程度に収める方が良いでしょう。

立地条件
線路

賃貸物件を選ぶ際に、次に考慮しなくてはいけないことは「立地条件」です。

やはり通勤通学をしやすいところであることが重要です。

また、会社や学校までの距離は近くても、交通の便が悪く実は不便なところがあたっり、逆に距離的には遠くても乗り換え無しで行けるところや、バイパスが通っていて車の便が良いところなどもあります。

そのため地図上だけで場所を決定するのではなく、実際に賃貸物件の場所から会社や学校まで行ってみて、立地の善し悪しを実感してみる方が良いでしょう。

部屋の間取りや広さ
リビング

賃貸 物件を選ぶ際に「部屋の間取りや広さ」を考える必要もあります。

賃貸を選ぶ際、まず考えなくてはいけないことは「家賃の限度額」です。

一人暮らしであれば、ワンルームや1Kで十分ですし、家族がいたり、恋人と一緒に住んだりする場合は2DKや3LDKを選んだ方が良いです。

間取りに関しては、現在だけでなく、将来のことまで考えて決めてるべきです。

メニュー

  • 賃貸物件の選び方
  • 賃貸物件のスケジュール
  • 賃貸物件にかかるお金
  • 不動産会社を選ぼう
  • 賃貸物件の伝え方
  • 間取りを理解しよう
  • 敷金・礼金とは?
  • 何件ぐらい部屋をみるのか?
  • 内見ノウハウ
  • 内見後のチェックポイント
  • 周りの環境をみてみよう
  • 携帯電話の電波を確認しよう
  • エアコンは?
  • 洗濯機に注意
  • 防音は大丈夫?
  • 駐車場を探そう
  • 入居審査ってなんだ?
  • 契約までの流れ
  • 契約時の注意点