エアコンの注意点

賃貸物件を探す

エアコンの注意点


賃貸物件にエアコン備え付けは当たり前?
エアコン1

新しい部屋なら、エアコンは完備と思いがちですが、実際にはエアコンの設置されていない部屋というのはあるものです。

引越し後に入居者の負担でエアコンを設置するとなると、エアコンの購入費だけでなく、設置にかかる費用まで負担することになります。

また、エアコンが設置されていても、極端に型が古いものになると、それだけ電気代がかかることもあるので注意してください。

実際に使ってみると機種が古いので省エネタイプでなかったり、前の住居者が手入れしてなかったせいでカビ臭かったりします。
新しいエアコンを使いたくても、壊れていないので大家さん負担で交換はしてもらえずクリーニングのみになることもあります。

エアコンが備え付けの場合、わざと壊すような使い方をすれば弁償という形で修理費用や買い替え費用が請求されますが、通常に使用する限りでの故障は大家負担が普通です。

エアコンがついていない場合に注意することは、エアコンをつける場所(壁)に穴をあけますが、それが敷金で引かれないかどうかです。
もともとつけることを前提とした物件だと思いますが、「ここにつけるとしたら穴があきますが、それは修復費用はかからないですよね」って感じで確認した方がいいです。

ロフト付き物件のエアコンについて
ロフト

ロフト付きの物件って、雰囲気がとてもいいですよね。

ただし決める前にエアコンをチェックしておかないと、夏場はえらいことになりますよ!

どういうことかと言いますと、ロフトがあると室内の天井が高くなります。天井が高くなるということは、その分室内の空間が広くなります。

ということは、通常のお部屋よりも高さがある分、エアコンの利き具合は通常のお部屋よりも悪くなります。

6帖のワンルームマンションのロフト付きの物件の場合、エアコンが付帯されてますが、そのエアコンの能力は6帖用(2.2kw)が付いていることが多いです。

正直、6帖用のエアコンでは利くのが通常の6帖のお部屋よりも時間がかかります。当然、その分電気代も上がります。

ロフト付きの物件を否定しているわけではありません。

6帖のワンルームロフト付きタイプのお部屋に、8~10帖用のエアコンを付いているかを確認したり、熱効率が上がる方法(カーテンをしっかり閉める、とか)を考えるなど、十分な検討が必要です。

メニュー

  • 賃貸物件の選び方
  • 賃貸物件のスケジュール
  • 賃貸物件にかかるお金
  • 不動産会社を選ぼう
  • 賃貸物件の伝え方
  • 間取りを理解しよう
  • 敷金・礼金とは?
  • 何件ぐらい部屋をみるのか?
  • 内見ノウハウ
  • 内見後のチェックポイント
  • 周りの環境をみてみよう
  • 携帯電話の電波を確認しよう
  • エアコンは?
  • 洗濯機に注意
  • 防音は大丈夫?
  • 駐車場を探そう
  • 入居審査ってなんだ?
  • 契約までの流れ
  • 契約時の注意点