不動産会社の選び方

賃貸物件を探す

不動産会社の選び方


賃貸の不動産屋さんは大きく分けると2つ
建物

賃貸物件を借りるにあたってまずは不動産屋会社を選ぶことをしないといけません。ここでは、不動産屋会社の種類をご紹介します。

不動産屋会社は大きく分けると2つに別れます。


元付不動産屋

大家さんから直接物件を紹介するように頼まれた不動産屋会社です。つまり大家さんのことを良く知っている不動産屋会社となります。
契約も基本的にはこの不動産屋会社でします。

元付しかやってない不動産屋会社は、自社紹介物件が無い場合は、はっきり「無い」と言う傾向があり、手堅く仕事します。

客付不動産屋

お客様を物件に紹介して仲介手数料を稼ぐ不動産屋会社のことです。大手・中堅など様々ですが、どこにでも良くあるタイプの不動産屋会社です。

大家さんのことは直接知らないことが多いです。

自社紹介物件がなくても、他社の紹介物件を紹介してくれるので熱心に対応してくれます。
フットワークは軽いが強引で申込みをしきりに勧める傾向があります。

賃貸の不動産屋さんは大きく分けると2つ

大家さんと直接話すのは元付不動産会社です。
あなたが客付不動産会社のところで値切り交渉しても、

交渉1

と話が行くところ、元付さんのところで値切り交渉すれば、

交渉2

とワンステップ早くなるのです。
間に仲介業者が入ってしまうと時間も費用もその分かかってしまいます。その場に応じて使い分ける様に心がけましょう。

元付不動産会社と客付不動産会社の見分け方

第一段階
地元にある古臭い不動産屋さんはたいてい元付
ターミナルになってる駅で大手以外の不動産屋さんはたいてい客付

下矢印

第二段階
不動産屋さんで勧められた広告の1番下を見てみよう。
会社の名前はどうなってる?
そこの欄の不動産屋さんの名前があなたがいる不動産屋さんと違う名前かもしれません
(不動産屋さんは、その部分を隠して見せないようにしてるかもしれないし、自分の会社の名前にすりかえてしまっている可能性もあるかもしれません)

下矢印

第三段階
物件の内見の際、どこかに寄り道していく。
(元付でも大家さんから鍵を預かっていないことがあるので、見抜けないこともあるでしょう)

下矢印

第四段階
申込をしきりにすすめる不動産屋さんはたいてい客付

下矢印

第五段階
申込金の振込先が違う不動産屋さんだと、あなたは客付さんに紹介されたお客様

下矢印

第六段階
契約を違う不動産屋さんでする(たまに客付さんのところでやることもある)

メニュー

  • 賃貸物件の選び方
  • 賃貸物件のスケジュール
  • 賃貸物件にかかるお金
  • 不動産会社を選ぼう
  • 賃貸物件の伝え方
  • 間取りを理解しよう
  • 敷金・礼金とは?
  • 何件ぐらい部屋をみるのか?
  • 内見ノウハウ
  • 内見後のチェックポイント
  • 周りの環境をみてみよう
  • 携帯電話の電波を確認しよう
  • エアコンは?
  • 洗濯機に注意
  • 防音は大丈夫?
  • 駐車場を探そう
  • 入居審査ってなんだ?
  • 契約までの流れ
  • 契約時の注意点